錬金術師とその弟子の日々

Zephyrosサーバ:弟子よ働け!

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
(C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錬金術修行の成果物

朝方ですが、りっぱな錬金術師?になったルル=ベルです。こんばんわ

とりあえず目的だったR6を達成したので、これから錬金術を始める人のためにまとめをしておきますね。
2度とこんな修業はしたくないので、覚えているうちに書き記しておきます。

絶対数日後には忘れてるしw

鶏頭マンセー


錬金術師への道(R6まで)
(赤字あげを終わらせるまで)

錬金術を始める始める前に副官ニコラを育てているかどうかで大きく流れが変わってきます。
特に大きく流れがわかるのは錬金術R5からなので、詳しくはそこで説明を入れちゃいます。

用意するもの
1.イングランド国籍
 (フランス国籍でも問題ないのですが、後々のことを考えるとイングランド国籍が有利)
2.賢者の石発見済み
 探索11 財宝鑑定13 イタリア語という難度の高いクエスト及び連続クエストなので、自力で達成できない場合はフレに同行してもらいましょう。
3.転職クエストパラケルススに学ぶ(イタリア語 工芸13)
 冒険名声&交易名声が30000というのがクエスト出しの前提条件になっていますので、自力で出せない場合は紹介してもらいましょう。ただし、この転職クエストは1回目の人用で、2回目からは錬金術師育成になりますので、1回クリアした人はこのクエストを出せません。
4.錬金術師に転職する前にあげておきたいスキル
 ・ 雑貨取引
 ・ 調味料取引
 ・ 鉱石取引
 ・ 工業品取引
 ・ 貴金属取引(商館から金を仕入れる場合は不要)
5.ロンドンに投資して交易所の交易品に「紙」を出します。
 300Kも投資すればでるはずです
6.アパルタメントを購入しておきます
 できればランク2かランク3改造まで上げて、交易品を4種類くらい貯めこめるようにしておきます。
7.取引スキルのブーストアイテムを手に入れておく
 ・ 工業品取引(+2):黄銅製ミトン、アポロチョウのブローチ
 ・ 鉱石取引(+3):ひすいの仮面、銀のアクセ
 ・ 雑貨取引(+2):とんぼ玉のアクセ、ガンドゥーラ♀
 ・ 調味料取引(+1):プレステ・ジョアンの兜
 ・ 貴金属取引(+6):金細工の甲冑、黄金のアクセ、黄金の両手
8.料理(山ほど)
 錬金術R4になるまでは貴重書の作成のみを行っていきますが、ヴェネツィアのバラケルスス邸で生産することになるので、行動力が尽きたら酒場まで移動しないといけません。しかも1回の生産で行動力を40消費するので、行動力600あったとしても15回の生産しかできないことになります。この往復による無駄な時間を避けるためにも料理を山ほど用意しましょう。ちなみにPTで行動するならマグステやクスクスを用意して、錬金術あげを行わない人に連打してもらう方法もあります。
9.仕入発注書
 ・ カテゴリー1:洋書、塩の仕入れに使用
 ・ カテゴリー2:紙、石墨、硫黄、銅鉱石などの仕入れに使用 
 ・ カテゴリー4:金の仕入れに使用(商館ショップを利用する場合には不要)
10.できるだけ大きな倉庫を持ち、それなりの速度が出せる船。
 ヴェネツィアの上りがものすごく大変なので、クリッパー系やスクーナ系がお勧め
11.刻印
 火トカゲの紋章と地精の刻印をそれなりに集めておきます。(水妖の刻印を集めない理由は次に説明します)
 多くの場合は火トカゲの紋章を集めておくといわれていますが、実際にやってみると火トカゲよりも地精の刻印を多めに集めておくほうが良いことに気がつきます。
12.鉱石を集める(赤い鉱石、黒い鉱石)
 錬金術液を作成するときに鉱石が必要になってきますので事前に集めておきます。(錬金術師は採集が非優遇なので優遇職で集めておくほうが楽でしょう)
 赤い鉱石と黒い鉱石はダブリン郊外で入手可能です。白い錬金術液に使う白い鉱石はルアンダ付近まで採集しにいかないと手に入りませんし、名工大工道具の材料になるので、錬金術に使用するのはもったいないです。

スキル上げ手順(R1-4)Vol1
とにかく貴重書を作りまくります。
完成した貴重書はアパルタメントに保管しておきます。
貴重書の写本
  R1時 経験値:通常成功2 大成功6
  R2時 経験値:通常成功2 大成功6
  R3時 経験値:通常成功0 大成功2
  R4時 経験値:通常成功0 大成功0
錬金術師のタロット
  R3時 経験値:通常成功1 大成功3
  R4時 経験値:通常成功1 大成功1
  R5時 経験値:通常成功1 大成功1
  R6時 経験値:通常成功0 大成功0

1.貴重書の材料を仕入れる(紙と洋書)
 ロンドンとドーバーを往復しながら紙を仕入れます。
 面倒な場合はカテ2を使っても構いません。
 仕入れる量は紙:洋書(2:1)となりますので、この辺を考慮しておきます。
 商用クリッパの場合は400枚くらい仕入れるといいみたいです。
 リスボンで洋書を仕入れる。(リスオポをしても構いませんが、面倒ならカテ1を使って買い込みます。)
 ロンドンとアムステルダムを往復して、紙と洋書を同時に仕入れるという方法もありますが、仕入れ数に差が出てくるので個別にすることをお勧めします。
2.ヴェネツィアのバラケルスス邸まで移動します。
 紙は工業品なので燃えませんが、洋書は雑貨なので燃えますので注意して運びましょう。
 防火を持っている副官を連れていくか、7日前後移動したら港に一旦入るなどして火災から洋書を守ります。
3.バラケルスス邸で貴重書を作る
 持ってきた材料を元に貴重書を作成します。
 このときに副官の担当を主計にすることを忘れないでください、大成功率に影響します。
4.完成した貴重書を持ってロンドンまで移動します。
 アパルタメントに貴重書を保管します。
 入りきれなくなった貴重書は商会ショップに陳列しておく手段もありますが、安い値段で置くと買われてしまう可能性がありますのでMAX(30K)の値段で置いておきましょう。(30Kで置いても買われてしまうことがありますが、まぁ諦めですね)
5.1に戻ります。

・副官としてニコラがいるのでR3まで上げれば錬金術液の還元に移れますが、赤字が多くなるのでR4までは貴重書で頑張ります。
・タロットが作れるようになったらタロットでスキル上げをするという話も聞きますが、材料が貴重書の20倍ほど必要になるので、お勧めできません。
 貴重書:紙(2)、洋書(1)
 タロット:紙(22)、石墨(1)

スキル上げ手順(R1-4)Vol2
ある程度貴重書が溜まってきたら錬金術液の作成をします。

1.材料を持ってヴェネツィアのバラケルスス邸宅に移動します。
 赤い錬金術液を作る場合:赤い鉱石(10)、水銀(3)、火トカゲの刻印(1)
 黒い錬金術液を作る場合:黒い鉱石(10)、硫黄(5)、地精の刻印(1)
2.完成した錬金術液をアパルタメントに持ち帰ります。
 錬金術液は医薬品扱いなので火災に注意してください。燃えます!
 大量に燃えます。泣きます。おお泣きします。
 泣きました;;

3.1に戻る

スキル上げ手順(R4-5)
ここからは錬金術液の還元に入ります。
・錬金術液の還元はロンドンで行います。
・還元後の錬金術液は持ち歩ける量じゃないので一旦アパルタメントに保管します。
・錬金術液は燃えます
・マルセイユからロンドンまでは10日以上の航海が必要になります。
以上のことを見てもわかるように

ヴェネツィアに近い+紙を購入できる港=マルセイユ

という図式を元にフランス国籍で始めると錬金術修行を始めると、燃えやすい錬金術液を延々持ち歩くことになります。是非ともイングランド国籍で始めることをお勧めします。

取得熟練値は以下のようになります。
錬金薬液の還元(赤、黒、白)
  R4時 経験値:通常成功2 大成功4
  R5時 経験値:通常成功2 大成功3
  R6時 経験値:通常成功1 大成功3

1.材料を持ってヴェネツィアのバラケルスス邸宅に移動します。
 白い錬金術液の還元:黒い錬金術液(1)、金(10)、塩(10)
 金は西アフリカや南米の街に売ってありますが買付にいくには時間もかかりますので、ここはリスボンやセビリアの商会ショップで仕入れると効率的です。(仕入れ単価は高くなりますが、時間効率を重視します)
2.完成した白い錬金術液をロンドンに運びます。
 ロンドンに戻る途中で商会ショップから金を仕入れておきます。
3.ロンドンのジョン・ディー邸で還元を行います。
 赤い錬金術液の還元:白い錬金術液(1)、金(10)、貴重書(5)
 黒い錬金術液の還元:赤い錬金術液(1)、金(10)、貴重書(5)
4.1に戻ります。

※ある程度この作業を繰り返していくとアパルタメントに黒い錬金術液がたまってくると思います。こうなってくるとヴェネツィアの往復をするよりも金を仕入れてきて3のみを繰り返すほうが効率良くなってきます。

スキル上げ手順(R5-)

ニコラが錬金術+1を覚えているなら錬金術の発展(金の生産)を行えるようになっているはずです。
ニコラがいない場合はR6になるまで「スキル上げ手順(R4-5)」を行ってください。

取得熟練値は以下のようになります。
錬金術の発展(金の生産)
 R5時 経験値:通常成功4 大成功7
 R6時 経験値:通常成功3 大成功6
 R7時 経験値:通常成功3 大成功4
 R8時 経験値:通常成功2 大成功4

1.ストックホルムで材料を仕入れてきます。
 硫黄と銅鉱石を仕入れてきます。どちらもカテ2で購入できますので、詰めるだけ積んで帰ります。
 リガにも硫黄は売ってありますが、遠いのと銅鉱石が同時積みできないのでストックホルムがよろしかろうw
2.銅鉱石を銅に精錬します。
 貴重書(5)、硫黄(5)、銅(10)がそろったら金の生産に入ります。
 商用クリッパの場合は貴重書150、硫黄150、銅300くらいの配分になります。
3.銅が不足するはずなのでハンブルクで銅を仕入れてきます。
4.硫黄の在庫が尽きるまで2からを繰り返す。硫黄の在庫が尽きたら1に戻る

追記
今回はニコラがいる前提でスキル上げの説明をしましたが、なぜニコラが必要なのかを説明します。
ニコラがいない場合はR4-6の間はずっと錬金術液の還元を行うことになります。
この間の熟練値は以下のとおりです。
錬金薬液の還元(赤、黒、白)
  R4時 経験値:通常成功2 大成功4
  R5時 経験値:通常成功2 大成功3
大成功率を2割とした場合の計算式が以下になります。
R4:必要熟練値/(通常成功+(大成功-通常成功)*大成功率)1600/(2+(4-2)*0.2)=約667
R5:必要熟練値/(通常成功+(大成功-通常成功)*大成功率)2500/(2+(3-2)*0.2)=約1136

錬金術の発展(R6)を行えるまでの還元回数
ニコラがいる場合:667
ニコラがいない場合:667+1136=1803

錬金術の発展(R6)を行えるまでに消費する金の数
ニコラがいる場合:6,670
ニコラがいない場合:667+1136=18,030

錬金術の発展(R6)を行えるまでに金の購入金額(商会ショップ)
平均価格:13,000
ニコラがいる場合:6670*13,000=86,710,000
ニコラがいない場合:18030*13,000=234,390,000

錬金術の発展(R6)を行えるまでに金の購入金額(サンジョルジュ、アビジャン)
100%価格:約4,000
ニコラがいる場合:6670*4,000=26,680,000
ニコラがいない場合:18030*4,000=72,120,000

錬金術の発展(R6)を行えるまでに金の購入金額(リオデジャネイロ)
100%価格:約3,000
ニコラがいる場合:6670*3,000=20,010,000
ニコラがいない場合:18030*3,000=54,090,000

商会ショップを利用した場合は軽く150Mの差が出てきます。
相当な富豪じゃない限りこの赤字額は頭が痛いはずです。
是非ともニコラに錬金術+1を覚えさせてから錬金術修行に入りましょう。
正直なところ赤字額もですが、ロンドンとヴェネツィアの往復が一番堪えましたCrz
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

profile

ルル=ベル

Author:ルル=ベル
名前:ルル=ベル
性別:エロい幼女
活動場所:Zepサーバ
国籍:イングランド
職業:錬金術師見習
出没先:地中海周辺

.

diary
comment
trackback

archive
category
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。