錬金術師とその弟子の日々

Zephyrosサーバ:弟子よ働け!

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
(C)2005KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金の密造レシピ

こんにちは
ロンドンとヴェネツィアの往復で疲れきっているルルです><

さて、錬金術R6の修行を繰り返す日々なのですが、ちょっとした参考データをご紹介したいと思います。


錬金術R6の修行では基本的に金の密造を行うわけです
金を作る材料は貴重書5冊、銅10個、硫黄5個です
貴重書も錬金術で作成するのですが、材料は紙2枚、洋書1冊になります
洋書はリスボンやアムステルダムで購入してもいいのですが、雑貨は燃えるので輸送がたいへんなのです。
ここは燃えない紙の状態でヴェネツィアまで輸送して洋書にしたほうがいいみたいです。
洋書の材料は紙2枚になります。

ルル仕様
御船:商用クリッパ+商用大型ガレオンの2艘艦隊
取引:工業品取引はR12+2
称号:工芸マイスタ
副官:主計100

これを踏まえて~ちょっと計算してみたいと思います。
ロンドンで購入できる紙の量は
1回目:150枚
2回目:135枚
3回目:125枚
その後:125枚
となりますので、倉庫の容量いっぱいまで積むと
150+135+125*10=1535枚になります。
これをヴェネツィアまで輸送します。

ヴェネツィアに到着したら紙を洋書に加工するのですが、生産量は材料の1.3倍になるみたいです。
ということで、1535枚のうち668枚の紙を洋書に加工すると434冊の洋書ができる計算になります
1535-668=867枚
貴重書は紙2枚と洋書1冊で作りますので434回の貴重書作成ができる計算になります。
どうしても紙が半端に残ってしまいますので、足りない分はヴェネツィアの商館ショップのお世話になっています。
さて貴重書の生産ですが、ここでも1.3倍の量が作成できました。
最終的な生産品の数は570冊くらいになっていました。

何度となく貴重書の生産をしていますので、ちょっとした実験をしてみました。
称号を変化させたら生産量はどうなるのかな?

称号:工芸マイスタ
貴重書の生産量:570前後

称号:鋳造マイスタ
貴重書の生産量:540前後

称号:なし
貴重書の生産量:520前後

よくわかりませんが、こんな結果がでました


貴重書は雑貨扱いなので燃えます!
仕方がないので各駅停車の旅をしながらリスボンまで戻ることになります。
なぜリスボンなのかといいますと、ルルが所属する商館がリスボンにあるからです^^
あと、一緒に旅をしている人はイスパニアの人なのでセビリアにもよります
直接ロンドンまで持ち帰って金の生産に入ってもいいのですが、燃える物を長距離輸送するのが面倒なのでリスボンとセビリアの倉庫を利用しています。

さて、貴重書がある程度溜まってきたら金の生産に入ります。
ここでは計算しやすいように貴重書を1000冊単位で使った場合の生産量をご紹介します

金の生産には貴重書5冊、硫黄5個、銅10個使いますので、貴重書1000冊で200回の生産ができることになります。
1回の生産で金は2個から3個できあがります。
実際にやってみると450個前後の金が出来上がっていましたので1.125倍になっている計算になります。
ここでも工芸マイスタのほうが若干生産量が多く感じました。

なにか関係あるのかな。。。


ところで金を何個作ればランクアップするのかといいますと
大成功の時に貰える熟練値を調べ忘れたので通常生産の時の熟練値のみですが、1回につき熟練3もらえてました。
R6からR7になるまでに必要な熟練値は3600ですがら
3600/3=1200
金を生産を1200回すればいいことになります。
実際は大成功もあるので1000回くらいかな?


1000回の生産を行うときに必要となる材料

金の生産:貴重書5000冊、硫黄5000個、銅10000個
貴重書の生産:紙13500枚(ここから洋書も作成します)

ロンドンからヴェネツィアに紙を運ぶ回数:9回
ストックホルムから硫黄と銅を運ぶ回数:10回
足りない銅をハンブルクから運ぶ回数:???

ちなみに金の生産をこれだけたくさんやると保存する場所に困ってしまいます。
生産した金の処理をどうするか問題になるわけです
生産した金の原価は概ね5000ドルになりますのでハンブルクなどで売ればそれなりの利益にはなります。
ハンブルクなら1個で12000ドルくらいで売れちゃいますからね。

しかしですよ、錬金術では錬金術液というものをたくさん使うことになります。
この液を作るには3種類の刻印と鉱石などが必要になってきます。
鉱石は採集すれば手に入るのですが、刻印はなかなか大変なのです。
ということで、生産した金を使って錬金術液の還元を行うのが一般的になっています。
ある程度金が貯まったら還元をやると無駄にならないですね。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

profile

ルル=ベル

Author:ルル=ベル
名前:ルル=ベル
性別:エロい幼女
活動場所:Zepサーバ
国籍:イングランド
職業:錬金術師見習
出没先:地中海周辺

.

diary
comment
trackback

archive
category
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。